マイムログ

私らしく、自由に生きたい

湯シャンが向いてる人・向いてない人のチェック法

 前回 湯シャンの話をしましたが、体質は人それぞれ。

合う・合わないってあると思います。

正直やってみないと分かりません。

でも実際、良かれと思ってやったことが

自分にとっては良くないことだった・・・っていうのはなるべく避けたいですよね。

 

というわけで、湯シャンが合うのか合わないのか。

 事前チェックの方法を私なりに考えてみました。

 

 前回の記事(読まなくても この記事は読めると思います)

maik0823.hateblo.jp

 

 

湯シャンの向き・不向きチェック法

 

整髪料を使ってるか

まず最初に、普段整髪料をどれくらい使ってるのか。

 ヘアワックスやスプレーを使用する方は、

湯シャンは向かないと思います。

ケミカルなものはケミカルでしか落とせない。

お湯の洗浄力だけでは整髪料を落とし切れず、

かえって頭皮や髪の状態を悪くしてしまうと思います。

髪のパサつきが気になる方は、ワセリンや椿オイルなど

天然で肌に直接塗っても大丈夫なものを使うようにしましょう。

 

私の場合はワセリンをメインに、極少量のヘアワックス。

1週間に1~2回シャンプーで流すようにしています。

 

肌質

ズバリ 乾燥肌の方は湯シャンに向いてると思います。

もともと皮脂が少ない肌質なのに シャンプーでさらに洗い流してしまっては

乾燥を悪化させてしまうだけです。

頭皮の乾燥が気になる方は、是非湯シャンを試してみてください。

 

逆に脂性肌の方はシャンプーを使ったほうがいいかもしれません。

頭皮は特に皮脂の分泌量が多いそうなので

しっかり洗浄しないと皮脂が蓄積され、臭いの原因になってしまいます。

 

まずは体から試してみる

 突然シャンプーを辞めることに抵抗がある方は、

とりあえず体から試してみるのはいかがでしょうか。

体を洗う時に石鹸やボディソープを辞める

お湯だけで洗い流します。

 

髪の毛という障害物がない分

体は洗いやすいし、臭いも気になりにくいはず。

頭皮だって肌の一部ですし、髪の毛だって同じタンパク質。

体の湯シャン?湯ボディウォッシュ?ができれば

頭だってお湯で洗浄できるはずです。

 

逆に体を洗うのに

「石鹸やボディソープがないと無理!」

「皮脂や汚れが気になる!」という方。

髪の毛や頭皮は体よりもっと皮脂が溜まりやすいです。

髪の毛が邪魔してもっと洗いにくいです。

湯シャンは難しいかもしれません。

 

いろいろ書きましたが やっぱり体質は人それぞれ。

湯シャンが正しいわけでも、シャンプーが絶対悪というわけでもないと思います。

私もまだまだ模索中。

お互い自分に合ったやり方を見つけていきましょう!